2017年11月10日金曜日

【未来】将来に怒るべきこと3つ【不安】

【未来】将来に怒るべきこと3つ【不安】


こんにちは

インターネットをいろいろ閲覧していると
情報がたくさん出ていて、
余計な不安をあおるような記事が多いのですね。

今回の記事の内容は願望とか予想ではなく間違いなく起こることだけを
書いていきますので、ぜひ最後までご覧ください。



1 AIの進化により、仕事がなくなる

最近これの話題はよく聞きますよね

AIってなに?

というひとから

心を持ったロボット

を想像する人まで数多くいらっしゃると思います。


実際はAIというのは心を持ったロボットではなく、少しふわっとした表現になりますが、

入力されたデータから最適と思われる答えを導きだすもの

というものになります。

いまいちイメージが付きづらいと思いますが

Google AdSenseの広告を見てみるとわかるように
ユーザーが普段検索しているワードや、アクセスしているページから、判断して広告を表示しています。
これにより、ユーザーの興味ある内容の広告が表示されているので、広告効果が高くなり、
結果購買につながっているのです。

これも本来なら、マーケティングをして、ターゲット層を絞り、購買意欲のそそられる広告を作り、広告するといった人が行っていたことですが、
それをGoogle AdSense が代わりにやってくれているのです。

実際にAIはすでにネットを中心に出回っているので、
今後も間違いなく今ある仕事がどんどんAIに変わらていくことは間違いないです。


2 少子高齢化社会により税負担増えて、社会保障が減る

これは日本特有の問題ですね。

戦後のベビーブーム
その後の第二次ベビーブーム

そのあとに第三次ベビーブームは起こらずに
2017年現状としては出生率は2を割っている状況です。

この数字は親2人に対して、
子供が2人以下なので、
間違いなく将来人口は減少し続けていきます。

残念ながらこれは事実なので、
日本国民は減っていきます。

そうなると
働く世代の人数が減ってしまうので、
今の税収を維持するためには、税率を上げるしかないのです。

それでも不足してしまうのは間違いないので、
社会保障に充てられてる金額が減って、結果サービスの悪化につながります。

例として
・保険料負担の増加
・公務員の人数減少(新規を取らない)
・道路の舗装等公共サービスの不備
等々

今の生活環境の悪化は免れないのは間違いありません。



3 価値観が変わる

これは時代とともにいつも変っているので、
あまり問題にはならないと思いますが、

2017年現在と少し前で価値観が変わったなと思うことですが、

・労働に対する意識(長時間働くことへの美学の崩壊
・女性の社会的立場(共働きが当然になりつつある、
・インターネットに対する嫌悪感(スマホ、ネット世代の割合が増えた
・健康志向(たばこへの嫌悪感など

等々

いろいろ上げてはきりがないのですが

10年前と比べでかなり変わってきてると感じます。

10年後も今の価値観とだいぶん変わることは間違いないです。

情報は入れ続けて常に考え方は変えていかないと時代に遅れてしまいますね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

今後とも有益なブログになるよう続けていきますので

またご覧いただけたら幸いです。

2017/11/10

0 件のコメント:

コメントを投稿