2017年10月29日日曜日

【初心者向け】YouTube再生回数を増やすコツ4選

【初心者用】YouTubeでの再生回数を伸ばすテクニック【4選】

この記事を訪れたかたは皆さんYouTubeに動画をアップしたはいいけれども
なかなか再生されなくて困っている方だと思います。

折角YouTubeに投稿したのですから
ジャンジャン再生してもらって、ジャンジャン稼いでいきましょう!!




YouTubeの再生回数を増やすこと=YouTube収入
の安定化に確実につながっていきます。

そこで今回はまず抑えるべきポイントを4つまとめていきます。

①タイトル

誰しもユーチューブを見るときは検索してタイトルを見て、見る、見ないを判断しますね。
タイトルひとつで、とりあえず再生してみようと思うことも多いはず。
【必見】【裏技】【お得情報】【最新】
など一度は見ておこうと思うフレーズや
【犬】【猫】
など自分のコンテンツにターゲットを絞ったワードを入れることは必ず実践したほうがいいですね。

②サムネイル

タイトルと同じように動画検索してサムネイルにを見て興味が惹かれることも多いはず。

サムネイルは初期設定ではユーチューブ側がランダムで画像を設定しますが、
自分でもカスタムすることができます。

情報的な内容では画像よりも文字での説明のほうが魅力的で
エンタメコンテンツでは一番見栄えをする画像を選ぶほうがより再生回数が上がります。

すごく当たり前のことですが、
初心者では見落としがちになるので注意してください。

③タグ    

タグ設定は上記2つに劣らないぐらい大切なことになります。

検索するときにタグ設定することで、検索にヒットします。

検索にヒットしたくてタイトルにキーワードをもりもりしてしまうと
長いタイトルになって、見る気が失せることも多々あります。
タイトルは短くインパクトに
タグをもりもりして検索にヒットするようにしましょう

動画再生されているときのサイドにある関連動画にはタグが一致しているものが優先して選ばれることになります。
オリジナルタグを作って、自作の動画に入れることで、関連動画としてサイドを占領することができるので、一回自分の動画を見てもらうと次々と再生してもらえる可能性は高くなってきます。

④動画説明

動画説明を手を抜いている人はたくさんいらっしゃいます。


検索したときに動画説明は3行分は出てきます。

ここでタイトルと同じようにインパクトのあるフレーズを入れておくことで、興味を引くことにつながります。
【衝撃のラストが…】
【知ってて損しない情報満載】
【最後にほっこりします】
など、タイトルと違い、少し長めのフレーズを入れることをお勧めします。



どうでしたか?
たったこれだけのことですが、意外と初心者の方はできていないことが多いはず。
折角動画を作って編集しても
見てもらえなければ意味がありません。

YouTubeの性質上検索してもらえなければ再生してもらえないので
まず
①検索してもらえるようキーワードを入れること
②検索ヒットした後に興味を持ってもらえるように視覚的にインパクトを与えること

これを気を付けていけば
今までよりも再生数が少しはアップしていくでしょう。


最後までご覧いただきありがとうございました。

今後とも有益なブログになるよう続けていきますので


またご覧いただけたら幸いです。


0 件のコメント:

コメントを投稿